【相模原新スタジアム署名】キーワードは「スマート・ベニュー」! タウンミーティングを聴いてきた

相模原4フットボールクラブ
この記事は約2分で読めます。

谷川 岳(@TanigawaSanChi)です。
まいど!^^

昨日1月18日(土)にアリオ橋本で開催されたタウンミーティングを見てまいりました。

前半の30分は官民連携協議会の間野早稲田大学教授とサッカージャーナリストの中西哲生氏によるスタジアム構想の説明会、後半30分はSC相模原の稲本潤一選手も交えたトークが行われました。

はじめに

前半30分に行われた間野教授による説明では、いま考えられているスタジアム構想、他都市での事例などの説明がありました。

書き起こすにはすごくボリュームがあり、取り急ぎの暫定の情報として、タウンミーティング中の内容を録音していた録音データをアップロードしますので、ご聴取ください。

ニュースまとめ

[1月20日更新]

さっそく今日、いろいろなソースでニュースにされていました。
取り急ぎ目についたニュースをピックアップします。

相模原「多機能複合型スタジアム」タウンミーティング 整備効果をアピール
相模原のスタジアムの未来を考えるタウンミーティングが1月18日、アリオ橋本で開かれた。

キーワードは「多機能・複合化」と「スマート・ベニュー」

間野教授のお話の中で出てきたキーワードは「多機能・複合化」。

つまりスタジアムに限らず様々な機能を持つ施設を組み合わせることで稼働率を上げたり、災害時の避難拠点としても活用しようという考えです。

この他、「スマート・ベニュー」と言うキーワードでのコンセプト説明もありました。

フォトギャラリー

何枚か写真も撮りましたので、併せてご覧ください。

中西哲生氏

ここからは国外他都市の事例説明のスライドになります。

ここからは引き続きコンセプトについての説明スライドに戻ります。

後半30分の終了後、稲本選手、間野教授、中西氏を交えた撮影会が行われたので一枚撮りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました