【大阪南森町:どでか寿司】大阪南森町のお寿司屋さんで来阪初日の夕餉に一献

メシ食うことは生きてる証
この記事は約3分で読めます。

谷川 岳(@tanigawatakeshi)です。
まいど!^^

1/12のラグビー:相模原ダイナボアーズの開幕戦観戦のために大阪に旅立ったタニガワさん。
ダイナボアーズ開幕戦の観戦記はこちらにまとめております。ご覧ください。

滞在中のお宿は一休.comで見つけた大阪南森町のビジネスホテル。

1/10の仕事終了後、首都圏内から新幹線に飛び乗り新大阪に到着したのが21:30ごろ。
ホテルにチェックインして落ち着いたのが22時過ぎ。

で、ホテルに着いてから何食べようかなぁって、Googleで調べてました(゚∀゚)
一軒気になるお店を発見!ホテルに荷物置いたらそこに行ってみよう!

チェックインを済ませ荷物を部屋に置いたあと、南森町の街に繰り出したタニガワさんはお目当てのお店に向かうのでした。

どでか寿司に到着

お目当てのお店の名は「どでか寿司」。

どでか寿司
宴会受付中★税込み3500円~♪【貸切OK!】南森町に大衆寿司居酒屋!ネタがデカくて値段は安い!ビックリする量で心もお腹も満腹♪★日曜日以外、お盆も営業致します★

ビッグサイズのお寿司を食わせてくれるのが売りのようです。

お店の入り口は写真を取り忘れてしまいましたが、オフィスビルの地下1階にあり、タニガワさんが訪れたときは団体さんが帰るところと鉢合わせしました。
つまりお店は空いてると踏んだ!(゚∀゚)

お店に入ったところ、ちょうど4人分テーブル席が空いておりそこに案内されたのでお言葉に甘えて着席し、お目当ての品を注文。

オーダーの効率化のため、どうやら注文はオーダーシートに書いて店員さんに手渡す方式とのこと。オーダーシートのフォーマット上、一回の注文は5品までの様子。

お酒とつきだし

とりあえずハイボールとお刺身など注文。

開幕のハイボール

開幕はハイボール。
去年の「吾輩は元気でなくなってしまった」事案から、お酒はハイボールとワインに限ってます(*ノωノ)

白子ポン酢

突き出しは白子のポン酢。お値段500円ほど。
口に含むと白子特有のとろける感じがグッドです。

お造り

お造り2種

アボカドとサーモンのお造り。
そう。タニガワさんはサーモンもアボカドも大好きなのでメニューにあったら必ず注文するのです(゚∀゚)

サーモンは肉厚、アボカドは傍らのマヨネーズをつけていただくとコレもグッド。

握り寿司

アボカドの握り

アボカドはお造りだけでなく握りもあったので一緒に注文。
こちらも上にかかってるマヨネーズの風味と併せてまろやかクリーミー。

あん肝とうなぎバター

続いてはあん肝の握りと「うなぎバター」の握り。うなぎの蒲焼き?にバターを載せて握り寿司にした一品です。
うなぎに絡むとろけるバターの風味。乙でございました。

握り3種

続いてオーダーしたのが、

  • 牛タン握り
  • ハラミ握り
  • エンガワ

の3種。

牛さんもヒラメさんもコリコリシャキシャキな食感で美味でございました。

お酒のアテ

えのきバター

その後に来たのが、お酒のアテ用に頼んだえのきバター。
こちらもえのきのシャキシャキにバターの風味が合わさってお酒が進みます。

もちチーズ。

続いては「チーズ焼き」と言う一品。名前こそチーズ焼きですが、実際はお餅も入っており、チーズとお餅のダブルで伸びる食感を味わえます。

結局初日からハイボール4杯と、急ピッチなスタートでしたw
ラストオーダーの11時過ぎまで呑んで食ってして、合計は5000円前後。

美味しゅういただけました。
ごちそうさまでした(^人^)

まさに一期一会なお店との出会いでしたが、また大阪に来る際は再訪したいお店でございました。

店舗情報

住所:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満5-1-9新日本曽根崎ビル地下1階
店舗ウェブサイト:https://localplace.jp/t100303563/

タイトルとURLをコピーしました